カラー診断から始める ビューティコンサルティング 凛

  • 法人向けサービス
  • ご相談・お問合わせ
  • メルマガ登録

特集ページ特集ページ

「わたしの場合」

「2、3年後に目指すビジネスのステージに合った服装を選んでいただけ、自分にも仕事にも自信が持てました」

ビューティコンサルティング凛でコーディネートした美容業の開業支援コンサルタントにふさわしいスタイリングの一例。5年間、シーズンごとに洋服のコーディネートを行い、ファッション感度の高い美容業界でのビジネスでも恥ずかしくない服装を提案しています。服装やヘアスタイルへの意識を変えたことで、内面の魅力とキャリアに溢れた外見に生まれ変わりました。

■ビューティコンサルティング凛のサービスを受けて一番良かったことは?

私が凛さんにお世話になってから5年が経過しました。当時から現在に至るまで「2、3年後に出会っていきたい人や、近い将来のビジネスのステージにふさわしい服装」を選んでいただけていることが、わたしにとっての池上さんの魅力です。もちろんしっかりと現在の仕事や私のプライベートにも気遣っていただき、例えば子どもから「抱っこ!」と言われてすぐに抱きかかえても汚れにくい洋服や、汚れても洗える洋服などのご提案もありがたいです。

私は男性っぽいファッションばかりしていましたが、池上さんから美容業界で仕事をしていることを自覚させていただき、自分の外見にも気遣うようになりました。また、美容業界を足場としてビジネスをしていこうと決心させていただいたのも、池上さんから教えていただいた「人生を心から笑顔にしてくれる美容」でした。

■サービスを受ける前のお悩みについて教えてください。

私はもともと自分が女の子であることが嫌で、どちらかというと男の子に見られて喜んでいるような子どもでした。社会に出てからも、例えばテーラーメイドのかっちりとしたスーツを着て、年齢もかなり老けて見られていることに喜んでいたんです。今振り返ってみると、当時は「しっかり見せなくちゃいけない」とか「女性だからって馬鹿にされるのが絶対に嫌」だとか、そういったすごく肩肘を張った生き方をしていたのだと思います。

同時に、自分の価値をあげるために美容に熱心に取り組める美しい女性を本当は羨ましく思ってもいたのも事実です。

池上さんのところへ来たときは30代半ばの妊娠中。子どもが生まれればライフスタイルが変わりますので、ホームページを強化する営業方法へと自分の仕事のスタイルも変えていこうと考えていました。ホームページやSNSから情報発信をする際に、「会ったこともないパソコンの向こう側の人に、自分をよく受け入れてもらうためにはどうすべきか」を考えたときに、見た目を整えることを選択肢として選びました。

■サービスを受けて、変化はありましたか?

池上さんのコンサルティングを受けて、私は美容に関わるものを全て変えてみました。例えば、メイクも自分に似合う色を知って積極的に取り入れてみたり、髪型もボブカットが好きだったんですけど髪を伸ばしてパーマをあててみたりと、やったことがないことに挑戦してみました。
プライベートの服装では、女性らしいブラウスやかわいいバレエシューズを身につけて、外見に関わるものは全て変えました。

すると、私の心境にも変化が起こったのです。プロにお世話になりながら外見を整えていくことによって人前にでることも恥ずかしくなくなってきました。今まではビジネス交流会に行ったときは「誰かと何かを話さなくては」と焦った気持ちが先走っていましたが、そういった気持ちがなくなってその場で一番華やかな方から声をかけていただけるようになりました。

このような経験が積み重なることが自分の自信につながり、次第に自分が置かせてもらっている環境に対する感謝の気持ちが湧き出てくるようになったんです。

■ファッションライフコーチ池上里恵の対応について教えてください。

パーソナルコーディネーターやイメージコンサルタントなど、外見に関わる肩書きの方がたくさんいらっしゃるなかで、池上さんは「ファッションライフコーチ」という肩書きを名乗られています。私は、この肩書きを聞いたときに池上さんのお仕事をひと言で表していると感じました。
池上さんには私のライフスタイルも仕事も理解していただいた上で、どのように見せていきたいかという話もきちんと聞いていただいております。

そして単にイメージを作るだけのお仕事ではなく、そのイメージを作ることでどのような人生を歩んでいきたいのかという目標まで紐解いてお話しを聞いてくださいます。

池上さんの仕事は、ファッションや美容の垣根を超えて、女性経営者の道を見つける手助けをされるお仕事なのだと感じています。このようなご提案をされる方は他にはいらっしゃらないのではないでしょうか。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。